スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年3月5日 奄美大島 倉崎ビーチ

だいぶ間が開いてしまいましたが、3月のウミウシログの続きです。
普段は1日1本しか潜らないのですが、この3日間は1日2本潜りました。

手広ビーチがある太平洋側は午後の方が更にウネリが入っているので、海況の良い倉崎ビーチに入りました。
ミノ系がわりと出ている感じでしたが、やはり手広よりは少なかったですね。
その中から久しぶりに出会った3種のウミウシを掲載します。


まずは、まだ種類がはっきりしない ヒブサミノウミウシ属の1種 です(体長:15mm)。
ヒブサミノウミウシ属の1種
 

これもまた種類がわからない カノコキセワタ属の1種 です。
ashuさん & namyさんが見つけたのですが、4mmの極小サイズでした。 過去に見つけたこの種も同じような大きさだったのでこれで成体サイズなのかもしれませんね。
カノコキセワタ科の1種
 

トゲミノウミウシ(体長:8mm)です。
今回、訳あってこのウミウシをさがしていたので、じっくり撮影したかったのですが、あれよあれよというまに穴の中に入っていってしまい、こんな写真しか撮れませんでした。
トゲミノウミウシ
 
 
3月6日のログにつづきます・・・


テーマ : ウミウシ
ジャンル : 写真

2010年3月5日 奄美大島 手広ビーチ

3月は琉球大学から知り合いが調査に来られるのと、ウミウシ仲間の ashuさん & namyさん が来島されるのがちょうど同じ時期になったので、三日間ご一緒させていただきました。

 

今回のログは1日目の1本目に潜った手広ビーチです。

 

この時期に手広ビーチはウミウシがたくさん見られる場所なのですが、このところ風向きが安定しないため少しウネリが残っています。

ファンダイビングをするにはまったく問題ない海況なのですが、数ミリから数センチのウミウシを探して撮影するにはちょっとキビシイ状況です。

それでも明日の予報では更に南風が入りもっとウネルことが予想されるので、手広に入ることにしました。

 

エントリーしてみると入江内はそうでもないのですが沖の根はやっぱりうねってました。

ウネリがあると近くでウミウシ探し&撮影するのもたいへんなので、各自バラバラで沖の根の周りにいり感じでした。

ウミウシもやや出が悪いようですし、見つけてもカメラを安定させられなくて撮影できない場合もありました。

 

 

それでも上がってから話しを聞いた感じでは各自違う種類をいろいろ見ているので、手広としては少ないですがまあまあの種類のウミウシを確認できたようです。

 

 

ヨゾラミドリガイ(体長:13mm)

ここでは定番のウミウシです。  入江内のウネリが少ない場所だったのでパチリ。

ヨゾラミドリガイ

 

沖の根の浅瀬の方ではユビウミウシがカヤの仲間を食べているシーンに出会えました。

じっくり撮影したかったのですが、浅瀬でウネリが凄くてこれで精一杯でした(口元にピントがきていないですね)。 

ユビウミウシ(食事中)

 

シロタエイロウミウシ(体長:30mm)

ここではこの時期たまに見ますね。

ウネリのためか頭を穴の中にややツッコミ気味でした。

シロタエイロウミウシ

 

さあ戻ろう、と根の浅瀬の方を岸の方に流していくとオーバーハングの下側に大きなパイナップルウミウシがいました(体長:40mm)

このウミウシもここではこの時期たまに確認できます。 

パイナップルウミウシ

 

今回は3日間で6本潜りましたので、このあとも3月のログが続きます。

テーマ : ウミウシ
ジャンル : 写真

2010年2月13日 奄美大島 手広ビーチ

更新がだいぶ滞ってましたが、直近に撮影したものまでの写真の整理が完了したのでログを再開します。

 

もう二ヶ月近く前の話になりますが、奄美大島では初めて出会う ユビワミノウミウシ を確認しました(体長:5mm)。

以前にウミウシがとても少ない真夏の大瀬崎(西伊豆)で複数個体みたことがあるので夏のウミウシのイメージを抱いてましたが、今回は奄美の一番寒い時期である2月に確認しましたので、南の島ではちょっと事情が違うのかもしれませんね。

大瀬崎で見た個体よりもだいぶ小さかったので、最初はユビワミノウミウシだとは思いませんでした。 

ユビワミノウミウシ

 

メリベウミウシの仲間も確認できました(体長:20mm)。

奄美では冬~春先にかけて手広ビーチで ムカデメリベ、ヒメメリベ を確認しています。

今回の個体はどっちのメリベなのか迷いましたが、背面突起にイボ状の小突起がないのでヒメメリベとしました。

ヒメメリベ

 

これ以降のログも順次UPする予定です。

テーマ : ウミウシ
ジャンル : 写真

2010年2月3日 奄美大島 手広ビーチ

前回に続き手広ビーチで潜りました。

このところ4~5日間隔で風向きが北と南に替っているようで、うまいこと南に替る直前に当たれば凪の手広ビーチに入れます。

今回は北風の中盤時期でしたが、まあまあ海況でした。

 

まずは、冬から春にかけて見られる ヤマトウミコチョウ属の1種 です(体長5mm)。

二個体確認できました。

ヤマトウミコチョウ属の1種

 

ソウゲンウミウシ も手広ではたまに見られますね。

体長 6mmですが、これで普通サイズです。

ソウゲンウミウシ

 

センテンイロウミウシ は大小3個体確認できました。

写真は 18mmの比較的大きな個体です。

センテンイロウミウシ

 

キホシウロコウミウシ と迷いましたが、頭部の模様などから テンセンウロコウミウシ のようです(体長:6mm)。

手広ビーチでは今までに両方とも確認しています。

テンセンウロコウミウシ

 

久しぶりな感じの トカラミドリガイ です(体長10mm)。

写真で見ると外套の縁にいろが一段と映えますね。

トカラミドリガイ

 

海況さえよければウミウシけっこう見られそうです。

テーマ : ウミウシ
ジャンル : 写真

2010年1月24日 奄美大島 手広ビーチ

ちょっと遅くなりましたが、1月24日の手広ビーチログをUPします。

この日はBCを忘れてどうしようと悩んだあげくに、メッシュバックを代用して潜りました。

最初はどうなるのもかと思いましたが、海に入ってしまえば、まあまあ快適でしたよ。

でも、今回は水深が浅い手広ビーチだったことと、ハーネスだけで潜った経験もあったので何とかなったと思います。

普通の人は真似しないでくださいね(言われなくても普通はやりませんよね)。

 

さて、今回はミノウミウシが増えてきたのが印象的なダイビングでした。

一枚目は ルージュミノウミウシです(体長:17mm)。

全部で4個体確認できました。

ルージュミノウミウシ

 

次は、セトイロウミウシです(体長:9mm)

このウミウシを撮影しているといつも思うのですが、体の模様が微妙にぼやけていて更に触角が半透明の白といことで、ピント合わせが難しいです。

セトイロウミウシ

 

アデヤカミノウミウシはいつ見ても撮影してしまいます(体長: 14mm)。

今回は食事中のシーンも撮影できました。

最初は餌を食べそうな雰囲気は感じなかったのですが、撮影しながらしばらく観察していたら、白っぽいヒドロ虫の仲間を食べ始めました。

その時の写真は、Photo of the Amami の方に先行してUP してます。

アデヤカミノウミウシ

 

この他には、サキシマミノウミウシ や ネアカミノウミウシ なども確認できました。

テーマ : ウミウシ
ジャンル : 写真

プロフィール

 今 本  淳

Author: 今 本  淳
           (Jun Imamoto)

Webサイト 「私が出会ったウミウシたち」のブログ版。

ブログ版になったことで初めて ウミウシ といういきものを知った方もいると思います。

ウミウシは貝の仲間で 巻貝から進化したと考えられている海の生物です。

巻貝の仲間ではあるのですが、その多くは貝殻をもっておらず、貝殻を持つ種類でも名残程度の小さな貝殻だったり、それさえも体の中に埋もれてしまって外観からは確認できないものもいます。

色鮮やかで姿形は多種多様、大きさは数ミリから数センチ、それゆえに海の宝石にたとえられる、そんなウミウシを追い求めて2003年に奄美大島に移住した私、今本 淳のウミウシ撮影記録のブログです。

リンクフリーです。
連絡不要ですので、気が向いたらよろしくお願いいたします。



Webサイト版はこちら

umiushi title logo


-- 奄美の写真ブログ --
Photo of the Amami

も見てね!



にほんブログ村に
登録してます。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 奄美情報へ

最新記事
最新コメント
おすすめの ウミウシ書籍 & DVD
Translate
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
ユーザータグ

クロモドーリス・プレキオーサ クサイロモウミウシ ウミウシ写真展 マダライロウミウシ フジナミウミウシ キヌハダウミウシsp ムカデミノウミウシ イロウミウシ科の1種4 コモンウミウシ属の1種 イガグリウミウシ センテンイロウミウシ チゴミドリガイ オケニア・リノルマ オキナワキヌハダウミウシ オオクロネズミ チドリミドリガイ ニシキツバメガイ 手広ビーチ ルージュミノウミウシ リュウグウウミウシ ミョウジンツバメガイ 

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター